【ベトナム・法務】新・中古機械・設備の輸入規制に関する新Circular(23/2015/TT-BKHCN)(2015年11月13日付) | 弁護士西遊記〜ベトナム、ミャンマー、ときどき中国。
June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【ベトナム・法務】新・中古機械・設備の輸入規制に関する新Circular(23/2015/TT-BKHCN)(2015年11月13日付)

中古機械・設備に関する新Circular


*ベトナム法務【目次】
*関連過去記事:続・中古機械・設備の輸入規制に関する新Circular(20/2014/TT-BKHCN)
*関連過去記事:中古機械・設備の輸入規制に関する新Circular(20/2014/TT-BKHCN)

さて、一昨年から巷を騒がせていた中古機械・設備輸入の件ですが、一応の決着をみました。
施行が見送られていたCircular20/2014/TT-BKHCNに代わり、2015年11月13日付けでCircular23/2015/TT-BKHCNが出されたためです。
・・・・
過去の経緯は上記過去記事をご覧ください。

このCircularによれば、以下の2要件が中古機械・設備の輸入に求められることになりました。
\渋いら10年以内
▲戰肇淵犢餡筏蚕儡霆燹国家規格又は安全・省エネ及び環境保護に関するG7各国の同等の基準に基づき製造された機械・設備であること


なお、投資の際に、予め当局から認可を得て中古機械を輸入できる例外も定められていますが、既存のプロジェクトに関しては影響がないということになります。

結局、10年要件は残り、質の基準のパーセンテージ要件はなくなったものの一定の基準を満たす必要があるとされました。
中古機械・設備を輸入する場合、減価償却の終わった10年よりももっと使用している中古機械を輸入したい場合も多いため、10年の要件が残ったことで企業側にはいまだ厳しい規定といえます。
また、質の基準についても今後どのような運用となるのか不明確な部分が多く、今後の運用が心配です。

本規定は、2016年7月1日からの施行となります。


■筆者: 工藤拓人■-----------------------------------------------------------------
弁護士法人キャスト 弁護士 kudo@cast-law.com
キャストグループ キャストベトナムビジネス キャストミャンマービジネス キャスト中国ビジネス 
*ベトナムのビジネスサポートプランご案内は"こちら"から
■東京/大阪/上海/北京/蘇州/広州/大連/香港/ヤンゴン/ホーチミン/ハノイ■-------------------------
 
pagetop