【ベトナム・生活】路上を歩いて目につくベトナム・中国・日本の違い | 弁護士西遊記〜ベトナム、ミャンマー、ときどき中国。
February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

【ベトナム・生活】路上を歩いて目につくベトナム・中国・日本の違い

路上を歩いて目につく各国の相違


*結婚式の相違

結婚式の違いに続き、ベトナム・中国・日本の違い(私の主観です。)第二弾。
今回は路上を歩いて目につく各国の相違です。
(思いついたものだけ書いていますので、後々追加修正するかもしれません。)
・・・・

 
ベトナム(ホーチミン) 中国(上海) 日本
歩く 舗装が甘くガタガタ。自転車で通ったり、ランニングするのは難しい。

タクシー代が安く、簡単にタクシーに乗ってしまう。

路上の飲食店(屋台)は昼から非常に多い。
舗装がガタガタのところも多いが、街中では比較的綺麗なところも多い。

タクシーも比較的安いため、すぐに乗ってしまうのはベトナムと一緒。

路上の飲食店は、夜だけの場合が多い。
平らで綺麗に舗装された歩道が多い。

近くてもタクシーに乗る人は少ない。

路上の飲食店はナシ。
車・バイク 右通行。左ハンドル。

クラクションは注意喚起のために多く鳴らす。

バイクが圧倒的に多い。
自転車少ない。
右通行。左ハンドル。

クラクションは非常に多い。ベトナムよりも多い印象。

バイクも多いが、車のほうが目立つ。
自転車は今ではそんなに多くないがベトナムよりはずっと多い。
左通行。右ハンドル。

クラクションはほぼ鳴らさない。

バイクよりも自転車のほうが多い。
 
信号 全体的に少ない又は見づらい位置にあることが多い。

歩行者信号の点滅が短すぎるので、点滅したら渡らない。

信号無視は多い。
ベトナムよりは多かった印象。

ベトナムも、中国も二輪用の信号があるところが多い。

信号無視は同じく多い。
 
高い見やすい位置に信号が多い。
黄色信号がある。

車の信号無視は少ない。
ゴミ 街の道路の至る所にゴミ箱が設置されている。
食べかす等を路上に捨てる人もいる。
街にゴミ箱は比較的見かける。ベトナムより少ない。
路上で物を捨てることは非常に多い。
路上のゴミ箱はそんなに多くない。
路上に物を捨てることは少なめ。
バイクやクラクションの音が多い。 クラクションの音の他、話し声(喧嘩?)もベトナムより大きいのが目立つ印象。 他2国に比較すれば、静かな印象。

※以上は私の主観イメージですので、違う感想の方もいるかもしれません。

■筆者: 工藤拓人■-----------------------------------------------------------------
弁護士法人キャスト 弁護士 kudo@cast-law.com
キャストグループ キャストベトナムビジネス キャストミャンマービジネス キャスト中国ビジネス 
*ベトナムのビジネスサポートプランご案内は"こちら"から
■東京/大阪/上海/北京/蘇州/広州/大連/香港/ヤンゴン/ホーチミン/ハノイ■--------------------------
pagetop