【ベトナム】ベトナムってどんな場所?(一般情報) | 弁護士西遊記〜ベトナム、ミャンマー、ときどき中国。
May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【ベトナム】ベトナムってどんな場所?(一般情報)

ASEAN地図

ベトナムって…


このページをご覧になっている方は「ベトナム」という単語を聞いたとき、何をイメージされるでしょうか。
私がベトナムに関与する前は、「東南アジア」「アオザイ」くらいのイメージしかなかったというのが正直なところで、他のASEAN諸国との相違はもちろん、実際どのような国なのか、というイメージすら持っていませんでした。

 
そのため、本ブログでは、ベトナムに行ったことがない、という方向けに、ベトナムの基本情報や、生活の実態なども記事にして行きたいと思います。

iPhoneImage.png
※ 町並みはフランス統治下の面影を残す(写真はホーチミン人民委員会)

ベトナム基本情報


では、まずベトナムの基本情報です。
※ 数値は基本的にIMF(http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2014/01/weodata/index.aspx)、その他は外務省サイト(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vietnam/)を参照

ベトナムの人口は、約9000万人で、面積は約33万平方キロメートル。
人口は日本の約7割で、面積は9割ほどですので、そんなに日本と大差がないと思っていただいて良いと思います。
言語はベトナム語で、英語はあまり通じません。日本の街中で英語で話しかけるよりも通じないイメージですが、実際の統計ではどうなのかはよくわかりません。
なお、政治体制は、中国同様に社会主義国家です。
 
人口 8969万人
面積 32万9,241平方キロメートル
比較 日本の約9
言語 ベトナム語
民族 キン族(越人)約8割強、他に53の少数民族
宗教 仏教、カトリック、カオダイ教
JBIC投資有望国・地域アンケート結果 5位
 
その他の情報としては、下記のような経済指標もありますが、内容については別の機会に取り上げます。
日本の一人当たりGDPは約3万8000米ドルくらいなので、それだけでも違いが大きいことはわかるかと思います。
 
一人当たりGDP(ドル)2013 1902
実質GDP成長率(%)2012 5.2
実質GDP成長率(%)2013 5.4
実質GDP成長率(%)2014予測 5.6
名目GDP(10億ドル) 171
インフレ率(%) 6.6
月割実負担額(工員、米ドル) 250
ベースアップ率(全体、%) 12.1
失業率(%) 4.4
識字率(%) 93.4

今回はとりあえず以上として、次回以降投資情報や、経済情報等をアップしていきたいと思います。

■筆者: 工藤拓人■-----------------------------------------------------------------
弁護士法人キャスト 弁護士
キャストグループ キャストベトナムビジネス キャストミャンマービジネス キャスト中国ビジネス 
■東京/大阪/上海/北京/蘇州/広州/深圳/大連/香港/ヤンゴン/ホーチミン/ハノイ■---------------------
pagetop