【ベトナム・ビザ】2015年1月1日よりノービザ滞在が制限(30日以内に複数回入国の場合) | 弁護士西遊記〜ベトナム、ミャンマー、ときどき中国。
May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【ベトナム・ビザ】2015年1月1日よりノービザ滞在が制限(30日以内に複数回入国の場合)

ノービザでの滞在


*関連記事:ベトナムビザ制度変更に関して(日本でのビザ取得方法)
*関連記事:ベトナム出入国管理法に関する説明会(概要)
*関連記事:観光目的での30日以内の複数回入国の場合、空港でビザ発行へ(2015年6月25日付領事館情報)

ベトナムにノービザ(無査証)で入国する場合、15日間まで滞在が可能です。

もっとも、「ベトナムにおける外国人の出入国、乗継(トランジット)、居住に関する法律」(No.47/2014/QH13)が2014年6月16日に制定され、2015年1月1日に施行されることで、規制が若干変わることになり、注意が必要となります。
*英文版はこちら(word版)
以下では、その概要を取り上げます。

・・・・・
 

2015年1月1日施行のノービザ入国に関する規定


2015年1月1日施行の「ベトナムにおける外国人の出入国、乗継(トランジット)、居住に関する法律」(No.47/2014/QH13)の目的は、「ベトナムへの旅行、投資活動、出張などの理由で訪れる外国の方々の入国・乗継手続きの円滑化を図ると同時に、ベトナムにおける違法就労目的とした在留の防止」にあるとのことです。

その上で、日本を含むビザ免除国(※1)の国民によるベトナム入国について下記四条件を満たす場合、最大15日間の滞在が許可されると規定されました。その4つとは以下のとおり。
(i) 出国日におけるパスポート有効期限が6か月以上ある。
(ii) 前回のベトナム出国日から30日以上の期間が経過している(旅券でのベトナム出国税関審査官の最新出国印に基づく。 (iii) 往復航空券又は、第三国への航空券を有する
(v) ベトナム入国禁止対象者リストに属しない。
※1 ビザ免除国:日本、韓国、スウェーデン、ノルウェイ、デンマーク、フィンランド、及びロシア

このうち、以前から変更があったのは、(i)(ii)の点です。
(i)従前がパスポート有効期限が3ヶ月だったのが6ヶ月以上とされ、

(ii)前回の出国日から30日以上の期間経過が必要となることになりました。
このうち、(ii)が特に重要で、2015年1月1日以降は、前回ベトナムを出国してから30日以内に再入国する場合にはビザの取得が必要となります。

1月未満の間隔で出入りされている方は注意が必要となります(たとえば、旅行等で他国に行ったのち、ベトナムに戻ってくる場合も同様と思われます。)。

なお、2015年1月1日前に発行されたビザは、2015年1月1日以降にも使用できるとされています。
 

その他の規定


その他の規定としては、下記のとおりです(*在日ベトナム大使館HPを参照)。

1)ベトナムにおける就労者の在留期間を2年へ、ベトナムで事業を展開する投資家、弁護士の就労ビザを5年間へ引き上げる。その他に、会議参加や観光などのビザの期間を3か月へ、個人目的で入国される方のビザを6か月となる。

2)要件に満たした、投資・実習・学習目的の外国人又は、領事・外交官又は、外国人弁護士は最大5年間の在留カードの発行を受ける事ができる。

3)各種ビザ(合計20種類)は「入国目的」のたびに、具体的に定めており、「入国目的」の変更を行うことは不可である。つまり、観光や学習目的で入国された外国人は、入国目的を就労、投資へと変更を希望する場合、一度ベトナムから出国し、新たに目的と適合した種類のビザを申請した上で再度ベトナムへ入国する事となる。

4)14歳未満の子供は保護者、あるいは委任を受けた者などの同伴者が同伴しない場合、入国許可を受ける事ができない。

5)ビザ申請の基本原則として、ベトナムへ入国する外国人は、ベトナム国内機関、または在ベトナム法人によって招へい・保証され、ベトナム公安省、外務省、大使館、領事館でビザ発行申請を行わなければならない。2015年1月1日前の発行するビザは、2015年1月1日以降より、必ず使用できる。 

6
)下記の場合において、国際空港などにて、到着ビザ発行を受けられる(ベトナム入国管理局によって承認書が必要である)。 (i) ベトナム入国ビザを発行するベトナム大使館、領事館が不在の国から渡航してきた外国人;
(ii) 多くの国を連続的に経由してベトナムへ渡航してきた外国人;
(iii) ベトナムに会社のある国際旅行社が実施する政府主催ツアー、プログラムに参加する目的で入国する外国人;
(iv) ベトナムの港に停泊している船舶の船員で別の港から出国する必要がある外国人;
(v) 親族の葬儀参加あるいは重篤の見舞い目的の外国人;
(vi) 緊急事故、救助隊、レスキュー隊、災害防止、疫病対応など、ベトナムの行政機関より要請を受けた場合の入国する外国人。

■筆者: 工藤拓人■-----------------------------------------------------------------
弁護士法人キャスト 弁護士
キャストグループ キャストベトナムビジネス キャストミャンマービジネス キャスト中国ビジネス 
*ベトナムのビジネスサポートプランご案内は"こちら"から
■東京/大阪/上海/北京/蘇州/広州/深圳/大連/香港/ヤンゴン/ホーチミン/ハノイ■---------------------
pagetop