【ベトナム・企業一般】株主総会・社員総会の書面投票制度 | 弁護士西遊記〜ベトナム、ミャンマー、ときどき中国。
June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【ベトナム・企業一般】株主総会・社員総会の書面投票制度

書面決議の手続

 

*ベトナム法務【目次】

 

株式会社でも、有限責任会社でも株主総会(株式会社の場合)、社員総会(有限責任会社の場合)の書面決議が日本同様認められています。

では、書面決議をする場合には、通常の株主総会や社員総会と異なり、どのような手続が必要でしょうか。

 

企業法では、定款の定めがないか異なる定めがない限り、以下の概要で書面投票がなされるとされています。

 

株式会社 有限責任会社
書面による投票の採用 取締役会の決定 社員総会会長の決定
事前送付物 意見聴取票,決議案,各決議案の説明資料 決議の対象となる各報告書、決議案、意見聴取票
送付期間 意見聴取票を返送すべき期限の10日前まで 規定なし
意見聴取票の記載内容 a) 企業名称、企業コード、本店住所
b) 意見聴取の目的
c) 個人である株主の氏名、住所、国籍、身分証明カード、人民証明書、旅券又はその他の合法的な個人身分証明書の番号;組織である株主の名称、企業コード又は設立承認番号、本店住所、又は組織である株主の委任代表者の氏名、恒久的住所、国籍、身分証明カード、人民証明書、旅券又はその他の合法的な個人身分証明書の番号;種類ごとの株式の数及び株主の議決票数
d) 意見聴取が必要な事項
đ) 賛成,反対及び意見なしの回答欄
e) 回答済みの意見聴取票を会社に送付すべき期限
g) 取締役会会長及び会社の法定代表者の氏名、署名
a) 企業名称、企業コード、本店住所
b) 社員総会の構成員の氏名、住所、国籍、身分証明カード、人民証明書、旅券及びその他の合法的な個人身分証明書の番号、持分割合
c) 意見聴取が必要な事項及び賛成,反対及び意見なしの回答欄
d) 意見聴取票を会社に送付すべき期限
đ) 社員総会会長の氏名、署名
結果の送付

監査役会又は会社の管理職ではない株主の立会の下で開票を行い、開票調書を作成。開票が終了した日から15日以内に各株主に送付。

社員総会会長は、意見聴取票の送付期限が満了した日から7営業日以内に、開票結果の報告書を各社員に送付

開票調書・結果報告書の内容

(これが議事録の代わりとなる。)

a) 企業名称、企業コード、本店住所
b) 目的、決議を採択するために意見聴取が必要な事項
c) 議決に参加した株主数、議決票総数、そのうち適式な議決票数及び不適式な議決票数の内訳及び議決の送付方式。議決に参加した株主名簿も添付。
d) 事案ごとの賛成、反対、意見なしの投票数
đ) 採択された各事案
e) 取締役会会長、会社の法定代表者、開票監察者及び開票者の氏名、署名
a) 意見聴取の目的、内容
b) 適式な意見聴取票を送付した社員、委任代表者の氏名、持分割合、持分証明書の発行番号及び日付;意見聴取票を送付しなかった又は適式でない意見聴取票を送付した社員、委任代表者の氏名、持分割合、持分証明書の発行番号及び日付
c) 意見聴取及び議決した事項、意見聴取した事項ごとの社員の意見の要約(ある場合)
d) 適式、不適式、未受領の意見聴取票の総数;議決された事項ごとの適式な賛成、不賛成の意見聴取票の総数
đ) 採択された各決定及び対応する議決票の割合
e) 開票者及び社員総会の会長氏名、署名。開票者及び社員総会の会長は、開票結果報告書の内容の完全性、正確性、誠実性について連帯して責任を負う

 

■筆者: 工藤拓人■-----------------------------------------------------------------
弁護士法人キャスト ホーチミン支店 代表弁護士 kudo@cast-law.com
キャストグループ キャストベトナムビジネス キャストミャンマービジネス キャスト中国ビジネス 
キャストベトナム会員制サイト「Vietnam Legal Online」は"こちら"から
■東京/大阪/上海/北京/蘇州/広州/大連/香港/ヤンゴン/ホーチミン/ハノイ■------------------------

pagetop