【ベトナム・法務】ベトナム国内移動中のパスポートの所持義務 | 弁護士西遊記〜ベトナム、ミャンマー、ときどき中国。
June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【ベトナム・法務】ベトナム国内移動中のパスポートの所持義務

パスポートの所持義務の規定

 

*ベトナム法務【目次】

 

ホーチミン

社会安全秩序、社会悪の防止、火災予防、家庭内暴力防止の分野における行政違反に対する処罰を定めている政令Decree 167/2013/ND-CPにおいて、

下記の行為に対して罰則が規定されています。

 

第17条・ 出国、入国、トランシット、居住及び移動

1)外国人がベトナム領土において移動している際に、パスポート又はその相当価値がある文書を携帯していない場合:警告、又は100,000VND〜300,000VNDの罰金

2)下記の行為に該当する場合、500,000VND~2,000,000VNDの罰金:

dd)パスポート又はその相当価値の書類を提示しない場合、身体や荷物のチェックの命令に反対している場合

 

上記の罰金を科す権限を持っている機関は公安又は人民委員会です。

パスポートでない同価値の書類とは、レセパセ(laissez-passer)のような、国連、欧州連合、国際赤十字委員会(ICRC)など一部の国際機関が発給するパスポートの代わりになる渡航文書を指すと思われます。

もっとも、実務上は上記保持義務違反により罰金等を課されている例は多くなく、事実上のパスポートの紛失リスクと比較しつつ、検討することになるでしょう。

 

■筆者: 工藤拓人■-----------------------------------------------------------------
弁護士法人キャスト ホーチミン支店 代表弁護士 kudo@cast-law.com
キャストグループ キャストベトナムビジネス キャストミャンマービジネス キャスト中国ビジネス 
キャストベトナム会員制サイト「Vietnam Legal Online」は"こちら"から
■東京/大阪/上海/北京/蘇州/広州/大連/香港/ヤンゴン/ホーチミン/ハノイ■------------------------

pagetop