弁護士西遊記〜ベトナム、ミャンマー、ときどき中国。
April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【ベトナム】3月31日付けベトナム首相指令16号の概要

<本日のベトナム首相指令16号の概要>
さきほどの報道ベースかつ仮訳ですので、今後の正式な情報発表も注視いただければ幸いです(本文は他の事項にも触れられています)。

 

【追記】

日本大使館からの翻訳:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona0331.html 

首相指令16号に関するインタビューについての日本大使館からの追加連絡:

https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona0331-2.html

ーーー 


15号と比べると厳しい表現になっているものの、工場などは継続可能、必要最低限のサービスも継続可能となっています。
オフィスについては解釈が分かれそうです。
  
・4月1日より15日間社会的隔離
・工場は、安全距離を確保し、マスクを着用、消毒
・在宅要求
・食料品、医薬品の購入、救急、工場、サービス施設での作業など、必要な場合にのみ外出可能
・最短距離2mを厳守
・職場、学校、病院以外で、公共の場所に2人超集まらない
・基本的に公共旅客・輸送活動の停止を指示する。ただし、公務による特別な場合や、食料品、必需品、労働者や専門家向けのシャトルバス、企業の生産材料の輸送の提供の場合は除く

https://tuoitre.vn/thuc-hien-cach-ly-toan-xa-hoi-tu-0-gio-ngay-1-4-20200331115839.htm?fbclid=IwAR3dsv-x-SYtOhRzjYPNqE1jfiKIjnoHVpdm57-_waekaGS6hwZWp8Pv7AQ

【ベトナム】新型肺炎(新型コロナウィルス)に基づくベトナムの対応の現状(随時Update)

ベトナム入国手続の現状

 

2020年3月19日現在、ベトナムでは各国に対して厳しい入国制限を取っております。

大使館・総領事館が随時情報をUpdateしてくれており、とても参考になりますのでリンクを貼っておきます。

 

*在ベトナム日本国大使館(新型コロナウイルス感染症をめぐる諸動向)

https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona_information.html

 

具体的には以下の状況となっております。実務に関する情報も含めて記載します。


 

» read more

ホーチミン市からCovid-19の感染予防のための黄金の14日間にすべき「12の指針」

27日に、首相指令15/CT-TTGが発行されました。

その内容は、26日の報道とほぼ同様です。

https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/Corona0326-2.html

 

この首相指令に基づいて、ホーチミン市からCovid-19の感染予防のための黄金の14日間にすべき「12の指針」が発表されました。
27日の首相指令の延長線上ですが、首相指令に入っていない項目もあり、運用が気になります。

https://tuoitre.vn/tp-hcm-ban-bo-12-viec-can-lam-ngay-trong-14-ngay-vang-chong-dich-covid-19-20200327144538516.htm?fbclid=IwAR1zGWaVSVlno7fp3A_O3UckSygob5sw2mQGxzHuq6v75z6ctDVPhR2eC_o

 

大使館からの情報

https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona0327-1.html

 

仮訳は以下のとおりです。

» read more

【ベトナム・労務】2020年の労働者に対する地域別最低賃金に関する政令(90/2019/ND-CP)

ベトナムの2020年の最低賃金

 

2020年1月1日から新しい最低賃金が適用されています。

すでに金額などは報道されているとおりですが、こちらの記事では最低賃金に関する政令の全文の日本語仮訳を公開します。

あくまで原本はベトナム語ですので、ご利用の際にはその点ご注意ください。

» read more

【ベトナム・労務】社会保険、健康保険、雇用保険(失業保険)の保険料率/外国人の社会保険

近時のアップデート

 

社会保険料等の内容について、基礎となる賃金の上限が変わる変更や外国人への社会保険の開始もありましたので、アップデートしました。

 

・2017年4月14日付けDecree44/2017/ND-CPにより、社会保険料に含まれる労災・職業病保険料率が1%から0.5%に変更されました。

 3ヶ月以上の労働契約書を締結する労働者については、2017年6月1日から施行されています。

 1ヶ月以上から3ヶ月以内の契約書に対しては、2018年1月1日により有効になるとされています。
 これに伴って、企業が負担の社会保険料率は18%から17.5%に引き下げられています。

 

・外国人については、2018年1月1日から強制社会保険の対象とされましたが、具体的な基準が施行されたのは2018年12月1日からです。

 外国人の社会保険については、以下に詳しく寄稿しています。

 

*【2018年12月1日開始】外国人労働者の強制社会保険に関する新政令の概要(外部サイト)

» read more
12345>|next>>
pagetop